ペットショップ店長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS パーディー、今までありがとう。

<<   作成日時 : 2012/12/13 17:05   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今朝は朝一番に悲しい連絡がありました。

初代、Mダックスのママ犬で引退しているパーディーの里親様より昨日からご飯を全く食べなくなって、衰弱してきたのでもう長くないと思います、と電話があったばかりでした。

やはり眠るように永眠したそうです。
享年16歳と11カ月。
繁殖が初心者だったころ息子たちがまだ小さい時に近くのペットショップから譲りうけた子でした。

ただ、とても温和でおとなしく、でも小さく、体も強く無かったのでブリードには適せず、ペットとして飼っていましたが年々ブリードの親犬の頭数が増えてくると多頭数飼いは、自己主張をできない性格的には可哀想だということと、
プロのブリーダーとしてやっていくには、向いていない子は早めに良い里親さんにお譲りすること、という方針を決めたので近くの友人に譲った子でした。

友人宅ではパーディーを飼い始めて、1匹では可哀想と数年おきに1匹ずつ増え、3匹の多頭数飼育でしたが
アウトドアもいつもどこに行くのも一緒で友人が結婚しても子供が生まれてからも、ずっと誰かが家にいる生活をしていて、とても大切にしてもらったことにとても感謝しています。

「これから愛川町にある斎場に行くので、その前に最後のお別れに連れて行きます」と、先ほど
自宅まで連れて来てくれたので、亡骸とお別れをしましたが

パーディーはピンクの愛用の毛布の敷かれた段ボール箱に入って、やせ細ってとても小さくなっていました。
傍らには、友人の供えた、生前のリードとドッグフードやおもちゃが。。。

そして、私も庭になっていた赤と黄色の千両の実を供えました。



7歳で乳がんも克服し、とても元気でしたが約1カ月ほど前から急に足腰が弱くなり、食欲が落ち、失禁したり、呼んでも聞こえないような素振りがあったんです、と友人が話してくれました。
ただ食欲はあったので様子を見ていましたが昨日から急変して・・・

友人宅は、ご夫婦と小さな3歳と1歳の娘さん2人でしたが、みんな人間の葬儀の時のような喪服で・・・

本当に家族として今まで沢山の愛情をくれたんだなぁ・・・と友人一家には感謝でいっぱいです。


また天国でいつも見守っていてくれていると信じ、飼い主さんのため、ワンちゃんのために明日からも頑張ろう!と
誓ったFUままでした・・・

画像

画像はfacebook
高木智奈世さん撮影よりシェアさせていただきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パーディー、今までありがとう。 ペットショップ店長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる